東海税理士会所属
お知らせ

2021/06/23

「創業手帳」の原稿を監修しました

2020/08/26

9月17日(木)に開催される、今すぐ知りたい相続・事業承継セミナーに講師として参加いたします。

2019/02/07

相続税専門のページを作成いたしました。

当事務所が名古屋テレビの取材を受けました!

当事務所が名古屋テレビの取材を受けました!

『日本の会計人』の取材を受けました!

『日本の会計人』の取材を受けました!

全国厳選100事務所に選ばれました!!

全国厳選100事務所に選ばれました!

「ドリームゲート認定専門家 ドリームゲート
アドバイザー」に認定されました。

「ドリームゲート認定専門家 ドリームゲートアドバイザー」に認定されました。

相続 ~2020年11月~

2020/1
2020/2
2020/3
2020/4
2020/5
2020/6
2020/7
2020/8
2020/9
2020/10
2020/11
2020/12

相続とは?

2020-11-24

  「相続」とは、 人が死亡した場合に、その亡くなった人(被相続人)の権利義務を配偶者や子供など一定の身分関係がある相続人に承継させる制度のことをいいます。
この場合、財産上の権利義務を承継される人(亡くなった人)のことを「被相続人」といい、これを承継する人のことを「相続人」といいます。

相続については、民法第896条(相続の一般的効力)に規定があります。
具体的には、以下のようにまとめることができます。

誰が⇒相続人が
いつ⇒相続開始の時から
何を⇒被相続人の財産に属した一切の権利義務を
どうする⇒承継する

相続は、死亡によって開始します。(民法第882条 ⦅相続開始の原因⦆)
つまり、被相続人の死亡という事実があれば、相続は開始し、相続人が被相続人の死亡を知っていたかどうかは関係なく、相続人は被相続人の財産上の権利義務を承継します。
この死亡には、自然の死亡だけでなく、「失踪宣告」の制度による擬制死亡も含まれることになります。

《失踪宣告とは?》
失踪宣告とは、生死不明の者に対して、法律上死亡したとみなす制度です。
失踪には、普通失踪と危難失踪(特別失踪)の2種類があります。

普通失踪は、不在者の生死が7年間不明の場合。
危難失踪(特別失踪)は、戦争、船舶の沈没、震災などの死亡の原因となる危難に遭遇した者の生死がその危難が去った後1年間不明の場合。これらに該当するときに、家庭裁判所は利害関係人の請求により失踪の宣告をすることができます。(民法第30条⦅失踪の宣告⦆)

失踪の宣告を受けた者は、普通失踪の場合には、失踪期間満了日に、危難失踪の場合には、危難が去った時に、それぞれ死亡したものとみなされます。(民法第31条 ⦅失踪の宣告の効力⦆)

なお、失踪宣告を受けた者の生存が判明した場合には、失踪者本人又は利害関係人の請求により、家庭裁判所は失踪宣告を取り消すことになります。(民法第32条 ⦅失踪の宣告の取り消し⦆)


-------------------------------------------------------------------
▼ この記事に関するお問い合わせはこちらまで ▼

事務所:大山税理士事務所
電 話:0566-91-1820
FAX:0566-91-1821
住 所:愛知県安城市御幸本町14-14 日新堂書店2F