東海税理士会所属
お知らせ

2020/08/26

9月17日(木)に開催される、今すぐ知りたい相続・事業承継セミナーに講師として参加いたします。

2019/02/07

相続税専門のページを作成いたしました。

2017/06/29
7月6日(木)に開催される土地有効活用相談会に相談員として参加いたします。

当事務所が名古屋テレビの取材を受けました!

当事務所が名古屋テレビの取材を受けました!

『日本の会計人』の取材を受けました!

『日本の会計人』の取材を受けました!

全国厳選100事務所に選ばれました!!

全国厳選100事務所に選ばれました!

「ドリームゲート認定専門家 ドリームゲート
アドバイザー」に認定されました。

「ドリームゲート認定専門家 ドリームゲートアドバイザー」に認定されました。

飲食業 ~2020年10月~

2020/1
2020/2
2020/3
2020/4
2020/5
2020/6
2020/7
2020/8
2020/9
2020/10
2020/11
2020/12

飲食店の業績管理~FLコストとは?

2020-10-28

飲食店を経営するにあたって、知っておきたいこととして、お店の実態が把握できる「FLコスト」というものがあります。

FLコストの「F」は「FOOD(食材費)」を、「L」は「LABOR(人件費)」をさします。そして売上高に占めるFLコストの比率を「FL比率」といいます。

一般的にはFL比率は55%~60%前後が理想といわれています。FL比率が65%以上になると運営的には厳しくなり、70%を超えると経営は成り立たなくなります。

このFL比率を下げるにはどうすればいいでしょうか?
単に食材の質を落として原材料費を下げたり、スタッフを減らせばいいわけではありません。食材のクォリティーを保ったまま廃棄ロスを少なくしたり、利益率の高いメニューの売上比率を高めたり、適正なスタッフ構成で無駄のないシフトを組むなどの経営努力が必要です。

1度、自社のFL比率を計算してみることをお勧めします。


-------------------------------------------------------------------
▼ この記事に関するお問い合わせはこちらまで ▼


事務所:大山税理士事務所
電 話:0566-91-1820
FAX:0566-91-1821
住 所:愛知県安城市御幸本町14-14 日新堂書店2F